iTEcho

お見積りはこちら
iTEchoは、超音波画像を元に自身で血流の解析とその可視化ができるソフトウェアです。VFM (Vector Flow Mapping) とIVPD (Intraventricular Pressure Difference) という2つのソフトウェアを包括した超音波血流解析パッケージで、心室内血流速度や圧較差の分布を簡単に評価することができます。

iTEchoの特徴

  • Visualize blood flow from a single image of echocardiography
    血流速度情報の可視化と定量化
    iTEchoに含まれるVFM (vector flow mapping) は、血流の定量化と可視化を行うことができるソフトウェアです。一枚のカラードプライメージから心内の血流速度ベクトルなどの流体パラメータを可視化することができます。
  • Visualize and quantify intraventricular pressure differences
    心内圧較差の可視化と定量化
    iTEchoに含まれるIVPD (intraventricular pressure difference) は、カラーMモード画像を使って心内の圧較差の定量化と可視化を行うことができるソフトウェアです。これにより、左心室が血液を引き込む力を評価することができます。

解析できる血流パラメーター

  • Velocity vector
    流速ベクトル
    測定領域内の流速ベクトルを可視化できます。
  • Streamlines
    Streamlines
    Streamlines(流線)を可視化することで血流の方向のみならず、渦の形を見ることができます。
  • Energy loss
    エネルギー損失
    心臓の負荷を定量するFlow Energy Lossを算出・可視化することができます。
  • Vorticity
    渦度
    渦度は、流れが渦の方向が時計回りなのか、反時計回りなのかを判別することができます。
  • Wall shear stress
    壁面せん断応力(WSS)
    心壁への力学的なストレスをカラーマップで可視化することができます。
  • OSI
    Oscillatory shear index
    WSSのゆらぎを定量化することができます。

対応機種

HDF5データフォーマットを書き出せる超音波装置であれば解析ができます。詳細はお使いになっている装置メーカーのご担当者様、もしくは弊社にお問い合わせください。

必須環境

  • OS
    Windows10 64bit (日本語または英語)
  • モニター解像度
    Full HD (1920x1080)
  • インターフェース
    ホイール付きマウス

推奨環境

  • CPU
    Intel® Core™ i7-9700K
  • メモリ
    8 GB以上

Case Report

FAQs

  • Echo VFMを導入するために必要な環境は?
    "当社で推奨PCをお見積りすることも可能です。

    必須要件
    OS: Windows 10 64bit (日本語または英語)
    モニタ解像度:Full HD(1920×1080ピクセル)以上
    インターフェース:ホイールのついたマウス

    推奨環境
    CPU:インテル(R) Core(TM) i7-9700以上
    メモリ:8GB以上
  • iTEchoの解析データをGateWayに送る際の出力形式はどういった形式がよいか。
    iTEchoでの解析結果の出力は

    静止画:PNG
    動画:連番のPNG画像およびWMV、MPEG4
    グラフなど定量値:テキスト(CSV)

    が基本となっております。出力形式については病院のシステムに合わせて修正することも可能ですのでご相談いただければと存じます
  • Echo VFMはPhilips社製の画像でもEcho VFMソフトは使用することが可能か。
    Echo VFMは現在GE以外の装置では解析は出来ません
もっと見る

Contactお気軽にご相談ください

血流解析サービスに関するご質問、事例などの紹介、
その他・お問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせはこちら