iTValve

ご購入はこちら
iTValveは、4DCTで撮像した画像を元に自身で拍動下における大動脈起始部や弁の動きを解析できるソフトウェアです。先端的な画像処理技術・コンピュータ技術を駆使して、4DCTで撮像した複数時相の医用画像を読み込み、弁輪長さや角度、面積などを計測することができます。

iTValveの特徴

  • 動きの追跡
    動きの追跡
    従来は静止画像で確認することが一般的だった弁のモーションを、動画で評価することが出来ます。可視化した弁形状や任意断面をアニメーションで表現する機能も備えており、弁の機能的評価を議論する際に役立ちます。
  • 三次元計測
    三次元計測
    心電同期されたCT画像から、弁周囲の形状を抽出し、すべての時相における弁周囲の長さ・角度・面積の三次元計測を可能にします。一心拍における任意断面を追随することもでき、再構成された三次元空間上でのEffective Height、Leaflet Lengthを計測することができます。
  • Take Your Work to Laptop
    ノートパソコンで解析
    iTValveは現在も日々改良を行っており、実装された新機能は順次アップデートされていきます。また、本来は手術室での使用等を想定されたデザインとなっており、ノートPC等の比較的低スペックのパソコンで動作が可能です。

推奨環境

  • OS
    Windows 7 or 10
  • CPU
    3.0 GHz
  • Memory
    16 GB

Contactお気軽にご相談ください

血流解析サービスに関するご質問、事例などの紹介、
その他・お問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせはこちら