FAQ

  • 全般
    弁膜症や心筋症などの血流解析は可能か
    心内の血流や弁付近の血流も、弁や心壁などの構造物が流れに影響を大きく及ぼすので4D Flow MRIが向いています。
    エネルギー損失やwall shear stressなどを計算することが出来ます。

    CTから計測する場合は、弁の動きや心内腔の動きは考慮されないため 、
  • iTSimulation (シミュレーション)
    緊急の解析を依頼したい。
    まずはご相談ください。解析内容を切り詰めることで、数日程度で納品できるケースもございます。
  • iTSimulation (シミュレーション)
    シミュレーションにかかる費用はいくらか。
    症例や解析内容によって異なり個別のお見積りとなります。
    一般企業向けの価格としては小規模な解析で40万円程度、複雑な解析で100万円程度となります。
    大学研究者向けの価格ですと10万円~40万円程度です。
  • iTSimulation (シミュレーション)
    割引は可能か。
    基本的にはソフトウェア、受託解析ともに定価での販売のみですが、解析によっては工数を減らしてその分お値引きできる場合もございますので、まずはご相談ください。
  • iTSimulation (シミュレーション)
    シミュレーションの解析にかかる時間は?
    通常は1例あたり1ヶ月ほど頂いています。もしお急ぎの計算であれば出来る限り間に合うようにしますのでまずはご相談ください。
  • iTSimulation (シミュレーション)
    冠動脈のシミュレーションに必要なデータは?
    下記のデータが必要となります。
    ・造影CT (DICOM形式、Thin slice)
  • iTSimulation (シミュレーション)
    脳動脈のシミュレーションに必要なデータは?
    下記のデータが必要となります。
    ・造影CT (DICOM形式)
  • iTSimulation (シミュレーション)
    大動脈シミュレーションに必要なデータは?
    下記のデータが必要となります。
    ・造影CT (DICOM形式)
    ・患者さんの体表面積
  • iTSimulation (シミュレーション)
    Norwoodシミュレーションに必要なデータは?
    下記のデータが必要となります。
    ・造影CT (DICOM形式)
    ・AA/ASの情報
    ・患者さんの体表面積