iTFlow®2

iTFlow2®は、MRIのデータを元に自身で血流の解析とその可視化ができるソフトウェアです。流体力学や最新のコンピュータ・テクノロジーを利用することで、非造影の位相コントラストCine MRIのデータから心臓や血管内の流体を可視化(2D, 3D)し、さまざまな指標を定量的に評価することができます。

iTFlow®2の特徴

  • 心拍動を追跡
    心臓や肺動脈、大動脈のように複数の領域に分け、それぞれの動きを追跡することができます。
  • 3D View
    3D View
    3次元像で可視化し、より詳細な部分をグラフィカルに操作することができます。
  • User friendly interface
    高い操作性
    Microsoft Officeに近いインターフェースの実装により、初めてでも扱いやすいソフトウェアになっています。
  • Configurable display
    自分好みにウィンドウをカスタマイズ
    2Dに注目したいときは2D viewだけ、3Dなら3D viewだけ表示するなど、作業に合わせてカスタマイズすることができます。Viewだけでなく、レイヤーやリボンメニューも好みに合わせて調整することができます。お好みに合わせてダークモードもお試しください。
  • Export your work
    様々な出力形式に対応
    作業が完了したデータは、画像や動画、STLやDICOMファイルなど、多くのデータ・フォーマットに出力することができます。ソフトウェア内で計測したデータは、Excelなどで作業がしやすいよう、CSV形式で書き出すことができます。

解析できる血流パラメーター

  • Energy Loss
    エネルギー損失
    心臓の負荷を定量するFlow Energy Lossを算出・可視化することができます。
  • Wall shear stress
    壁面せん断応力(WSS)
    内皮への力学的なストレスをカラーマップで可視化することができます。
  • Streamlines
    Streamlines
    Streamlines (流線) を可視化することで、血流の方向や速さを確認することができます。これにより異常な加速血流や、渦流の形を把握することができます。
  • Pathlines
    Pathlines
    血管内に仮想的に粒子を置くことで、心拍内の粒子の動きを確認することができます。Streamlineではその瞬間瞬間の血液の流れの方向を表示していましたが、Pathlineは血球の動き仮定して追跡することができます。
  • Helicity
    ヘリシティ
    大動脈内の血流は螺旋流によって効率的に血液を運搬しています。ヘリシティはその螺旋の強さを測定する指標です。
  • Vorticity
    渦度
    渦度は、流れが渦の方向が時計回りなのか、反時計回りなのかを判別することができます。
  • Other measurement functions
    その他の計測機能
    距離や角度、流量の計測など、研究活動に役立つさまざまな測定機能が充実しています。ぜひ体感してみてください。

対応機種

4D Flow MRIを撮像できるMRI装置に制限なく対応しております。詳細はお使いになっている装置メーカーのご担当者様、もしくは弊社にお問い合わせください。

必須環境

  • OS
    Windows10 64bit (日本語または英語)
  • モニター解像度
    Full HD (1920x1080)
  • インターフェース
    ホイール付きマウス
  • CPU
    Intel® Core™ i5-9400
  • メモリ
    16 GB
  • GPUメモリ
    1 GB

推奨環境

  • CPU
    Intel® Core™ i7-9700K
  • メモリ
    32 GB以上
  • GPUメモリ
    4 GB

Price

  • ソフトウェア・ライセンス
    アカデミック版と買切り版がございます。
    お気軽に見積をご依頼ください。
  • 受託解析
    1件
    60,000円
  • 術前後解析
    90,000円
  • レポート修正
    10,000円~

Case Report

FAQs

  • 2D Phase Contrast MRIの解析は可能か。
    可能です。エネルギー損失や流量は二次元の単位での解析となります。
  • 2D Phase Contrast MRIのメリット、デメリットとは。
    解析結果が2次元断面に限られてしまうため、例えば狭窄ジェットの中心軸を捉えられていないなど特徴となる流れが断面内に入らないと望んだ解析結果が得られません。一方、撮像にかかる時間が短く、4D Flow MRIのシーケンスが入っていない相違でも撮像できるメリットがあります。
  • ソフトウェアの価格はいくらか。
    ライセンスの種類によって価格が異なります。ご要望にあわせてお見積りさせていただきますので、お問い合わせください。
もっと見る

Contactお気軽にご相談ください

血流解析サービスに関するご質問、事例などの紹介、
その他・お問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせはこちら