受託解析ご注文フォーム

平素、大変お世話になっております。
この度は、弊社の製品・サービスをご利用いただき、誠に御礼申し上げます。
恐れ入りますが下記の同意内容をご確認いただき、必要事項をご記入の上「ご注文」ボタンをクリックして下さい。
何卒宜しくお願い申し上げます。

同意書

第1条 同意の範囲 
1.血流解析および血流解析シミュレーションの受託解析(以下、本サービス)は、見積書にて指定された記載の通りとします。
2.実施期間中に貴院または貴学(以下、甲)が本サービスの内容の変更を希望する場合、甲はその旨を株式会社カーディオフローデザイン(以下、乙)に通知し、甲乙間で協議のうえその措置を決定するものとします。
第2条 再委託
乙は、本サービスの一部の作業を、乙の費用と責任において第三者に再委託(再々委託等を含み、以下当該第三者を再委託先という)できるものとします。
第3条 納品物の確認
甲は、本同意に基づき乙から甲に納品物(解析結果報告書)が納入された場合、当該納品物の納入から7営業日以内に当該納品物の確認をするものとします。
第4条 作業料
1.本サービスに基づく作業料は、見積書記載の見積作業料とし、甲は消費税等相当額と共に見積書の支払条件により乙に支払うものとします。
2.消費税等につき税率の改定等が生じた場合、本同意においても当該改定後の税率が適用されるものとします。
3.甲は、第1項の作業料のほか、乙が本サービスに係る出張旅費・宿泊費等の実費相当額を甲に請求する場合には、見積書の支払条件により支払うものとします。
第5条 情報等
1.甲は、乙が本サービスを実施するために必要とする資料、情報等を、乙の依頼に応じ甲の費用で収集又は作成し、乙に提供するものとします。当該提供が電子データの形態で行われる場合は、甲は、データの漏えい等を防止する措置を講じるものとします。
2.甲は、本サービスに関連して乙が取り扱う甲のデータ及びソフトウェア等の消滅又は毀損に備え、自己の費用と責任で適切な措置を講じるものとし、乙は、当該事由によるデータ及びソフトウェア等の消滅に関し、何らの責任を負わないものとします。
第6条 秘密保持
1.甲及び乙は、相手方の書面による事前の承諾を得ることなく、本同意の履行に関連して相手方から開示を受ける情報であって、次の各号の一に該当する情報(以下秘密情報という)を、受領後3年間(個別の秘密情報の性質に鑑み、甲及び乙が協議のうえ書面にて合意した場合は、当該書面に記載された期間とします)、第三者に開示又は漏洩しないものとします。尚、甲及び乙は、政府機関、裁判所等から法令に基づき開示を要求された場合、①相手方に対し、法律上認められる範囲内で相手方の秘密情報をこれらの者に開示することを事前に通知し、秘密情報開示の差止命令又は秘密情報の公開防止に必要な手続をとる機会を与え、かつ、②当該政府機関等に対し相手方の秘密情報の秘密性に即した取り扱いがなされるよう要請したうえで、これらの者に対して当該秘密情報を開示することができるものとします。
(1)秘密である旨が明示された資料、図、その他関係資料等の有体物又は電子データにより開示された情報
(2)秘密である旨を告知したうえで口頭にて開示される情報であって、かかる口頭の開示後14日以内に、当該情報の内容を書面にし、又は電子データとして記録し、かつ、当該書面又は電子データにおいて秘密である旨を明示して提供されたもの
2.前項の規定に拘らず、次の各号の一に該当することを被開示者が証明する情報については、秘密情報として取り扱わないものとします。
(1)開示の時に、既に公知であった情報又は既に被開示者が保有していた情報
(2)開示後、被開示者の責によらず公知となった情報
(3)被開示者が、秘密保持義務を負うことなく、第三者から適法に入手した情報
(4)被開示者が独自に開発した情報
3.第1項の規定に拘らず、乙は、本同意の履行に合理的に必要な範囲内で、再委託先に対し、甲の秘密情報を開示することができるものとし、当該再委託先に秘密保持義務を課すものとします。
第7条 責任の制限
1.乙は、本サービスを善良なる管理者の注意をもって実施する義務を負うことを確認します。
2.乙は、本同意に明示的に定められた場合を除き、第3条に基づく甲による確認が終了した後は、納品物に係る作業、作業の結果およびこれに関連する納品物について、甲に対して何らの義務又は責任を負うものではありません。納品物に関し、甲の顧客または第三者から裁判上もしくは裁判外の請求、その他のクレームがなされた場合は、甲の責任においてこれを解決するものとします。ただし、乙は当該請求等に関し、甲に対して本同意に基づく責任を負うものとする。
第8条 損害賠償
1.本同意に基づき甲及び乙が相手方に対し損害賠償義務を負担する場合、損害賠償の累積金額は、請求原因の如何を問わず、第5条の作業料を限度とし、甲及び乙は、当事者の責に帰すことができない事由から生じた損害、当事者の予見又は予見可能性の有無を問わず特別の事情から生じた損害、間接損害、拡大損害及び逸失利益(予想されるコスト削減分を含みます)については、賠償義務を負わないものとします。
2.甲及び乙は、相手方が本同意に違反した場合であっても、自己が被る損害又は損失を最小限にとどめる義務を負うものとします
3.甲又は乙による損害賠償の請求は、第3条に基づく納入日から1年以内に限り行うことができるものとします。但し、当該納入日後に発生する義務違反については、請求原因の如何を問わず、当該違反から1年以内に限り行うことができるものとします。
第9条 諸権利の帰属等
1.本サービスの履行にあたり乙から甲に納入された納品物の著作権は、甲に帰属するものとします。
2.本サービスの履行過程で生じた特許権、実用新案権(特許、実用新案を受ける権利を含み、以下特許権等という)の帰属については、次の各号に定めるところによるものとします。
(1)甲又は乙が単独で行った発明、考案等(以下発明等という)から生じた特許権等については、当該発明等を行った当事者に単独で帰属します。
(2)甲及び乙が共同で行った発明等から生じた特許権等は、甲及び乙の共有とし、甲及び乙は、特許権等の全部につき相手方の承諾及び追加の支払いなしに自ら実施し、又は第三者に対し通常実施権の許諾をすることができるものとします。
3.甲は、納品物(納品物の改変物を含み、以下、本項において同じとします。)を研究目的以外(術式や投薬といった治療手法決定の参考とすること等)で使用しないものとします。
第10条 同意の解除
1.甲及び乙は、相手方が本同意により発生した義務を履行せず、相当の期間を定めて催告をなした後も、なおその期間内にこれを履行しない場合は、本同意の全部又は一部を解除することができるものとします。
2.甲及び乙は、相手方が次の各号の一に該当する場合、何らの催告を要することなく本同意の全部又は一部を解除できるものとします。
(1)仮差押、差押、競売の申立もしくは租税滞納処分を受け、又は破産、会社更生手続もしくは民事再生手続その他これらに類する手続の申立がなされたとき
(2)自ら振出しもしくは引受けた手形又は小切手につき、不渡処分を受ける等支払停止状態に至ったとき
(3)その他財産状態が悪化し、又はそのおそれがあると認められる相当の理由があるとき
3.甲又は乙は、自己が前項各号の一に該当する場合、相手方に対して負担する一切の金銭債務につき当然に期限の利益を喪失し、相手方の債務が履行されたか否かに拘らず、直ちにこれを弁済するものとします。
第11条 雑則
1.甲が本同意により生じる債務の支払を怠ったときは、乙は甲に対し支払期限の翌日から完済の日まで年利14.6%の割合による遅延損害金の支払を請求できるものとします。
2.甲は、本同意に基づく納品物及び乙から受領した情報を輸出する場合には、外国為替及び外国貿易法その他の輸出関連法令(米国輸出管理法その他の外国の輸出入関連法令が適用される場合はそれらの法令を含む)を遵守するものとします。
3.本同意に定めのない事項及び本同意条項中疑義の生じた事項については、甲と乙が別途協議のうえ決定するものとします。
4.本同意に関する紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とし、これを解決するものとします。

 

ご注文内容
iTFlow(MRI)血流解析シミュレーション(CFD)RootMasterその他

上記の同意書に同意します(必須) I agree to the agreement

Send Order





株式会社カーディオフローデザイン