カーディオ・フロー・デザインCardio Flow Design

Echo Flow 
Dynamics IVPG

overview

概要

IVPG™は、超音波装置ベンダー各社の仕様に縛られず誰でも手軽に解析できることを目指した、左室内圧較差(Intraventricular Pressure Difference,IVPD)計測ソフトウェアです。

カラーMモード画像から、Eulerの方程式を解くことにより非侵襲的にIVPDを計測できます。 これにより近年心不全の領域で注目されている、心拡張不全の研究に活用できます。
解析の際には、HDF5フォーマット(拡張子:*.h5)の画像データを超音波装置から出力する必要があります。詳しくは弊社までお問合わせ下さい。

  • IVPGTM -Intraventricular Pressure Gradient- の特徴
    超音波画像から圧較差

    超音波画像から圧較差

    カラーMモード画像の任意の点をポイントし、マウスをドラッグして計測範囲を選択するだけの直感的な操作で、IVPDを3D表示可能です。

    エイリアシング補正機能
    エイリアシング補正機能

    エイリアシング補正機能

    エイリアシング補正機能も備えており、折り返し部分を選択補正して解析を行えます。Nyquist Limitを超えた血流速度でも解析が可能です。

    ノートPCで簡単に操作
    ノートPCで簡単に操作

    ノートPCで簡単に操作

    IVPGは、一般的なノートパソコン等スペックの高くない日常的なコンピュータで動作します。また、CSV形式での結果出力が可能で、Excelで任意のグラフを作成することも簡単です。

  • 推奨環境
    • OS
      Windows 10以降(64bit)
    • CPU
      2.6 GHz 以上
    • Memory
      8GB以上
    ※推奨されるスペックのPCを弊社にてご用意させて頂くことも可能です。
    価格等の詳細は弊社までお問合せください。

    関連する技術コラムはこちら

  • 2020.01.17

    コラムタイトルがここに入りますコラムタイトルがここに入ります(テンプレート参考にご利用ください)

    テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

  • 2020.01.10

    コラムタイトルがここに入りますコラムタイトルがここに入ります。(非表示)

    記事本文、以下ダミー文章。「ポラーノの広場」より。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモーリオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

  • 2020.01.10

    コラムタイトルがここに入りますコラムタイトルがここに入ります。(非表示)

    記事本文、以下ダミー文章。「ポラーノの広場」より。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモーリオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

contact

お気軽にご相談ください

血流解析サービスに関するご質問、事例などの紹介、 その他・お問い合わせはこちらから承ります。

お問い合わせはこちら