Echo VFM


 

VFMとは

 
  
VFMは超音波画像データを用いて血流をベクトル場として解析する技術です。従来、カラードプラはプローベから出るビーム方向に血流加速度の計測が束縛されていましたが、VFMを用いることでカラードプラとスペックルトラッキングから流体の方程式を計算することで、ビームの方向にとらわれずにベクトルとして血流を可視化することが可能になります。

 

Echo VFMTM – Echo Vector Flow Mapping – の特徴

  

心室の動きを追従

心室壁運動の追随を高精度で行い、心臓内の血流をベクトル表示できます。これにより左心室内の血流の挙動や、渦の回転駆動力が定量的に評価できます。
  

 

 

渦の評価機能

超音波画像から心内の渦を計測できます。流体工学の分野で用いられる、流れの回転を評価する指標「渦度(Vorticity)」がVFMでは算出可能です。各時相における流れの変化を定性的に捉えることができます。
 
 

 

 

WSSやエネルギーを計測

血流が壁をこすりつける力であるWall Shear Stress(WSS)や、血流エネルギー効率を可視化することができます。

研究用ソフトウェアの開発

Cardio Flow Designでは研究用途としてVFM解析を行うソフトウェアの開発を行っています。超音波装置のメーカーに縛られずに汎用的なソフトウェアを目指して開発しており、現在GEのデータに対応しています。
当社ソフトウェアを使ったご研究を検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

研究者向けご提供価格

 

受託解析 1件 60,000円~(税別)
 価格等の詳細は弊社までお問合せください。