IVPG

Sucking Forceを測る。

 

ソフトウェアの概要

  
IVPGTMは、超音波装置ベンダー各社の仕様に縛られず誰でも手軽に解析できることを目指した、左室内圧較差(Intraventricular Pressure Difference, IVPD)計測ソフトウェアです。
カラーMモード画像から、Eulerの方程式を解くことにより非侵襲的にIVPDを計測できます。 これにより近年心不全の領域で注目されている、心拡張不全の研究に活用できます。
解析の際には、HDF5フォーマット(拡張子:*.h5)の画像データを超音波装置から出力する必要があります。詳しくは弊社までお問合わせ下さい。

 

IVPGTM -Intraventricular Pressure Gradient- の特徴


 

超音波画像から圧較差

カラーMモード画像の任意の点をポイントし、マウスをドラッグして計測範囲を選択するだけの直感的な操作で、IVPDを3D表示可能です。
 

 

 

エイリアシング補正機能

エイリアシング補正機能も備えており、折り返し部分を選択補正して解析を行えます。Nyquist Limitを超えた血流速度でも解析が可能です。
 

 

 

ノートPCで簡単に操作

IVPGは、一般的なノートパソコン等スペックの高くない日常的なコンピュータで動作します。また、CSV形式での結果出力が可能で、Excelで任意のグラフを作成することも簡単です。

研究者向けご提供価格

 

通常版
年間ライセンス 1,200,000円(税別)
 
アカデミック版
年間ライセンス   980,000円(税別)

※弊社の超音波画像解析ソフトウェアVFMとセットでのご提供となります。

※年間ライセンスには1年間のサポートとアップデートを含みます
※インストール等の現地サポート時には、出張料として別途ご負担いただきます。
 (初回納品時/インストール時は下記の半額にて承ります)

出張作業料金
関東:40,000円
中部:80,000円
近畿・東北:100,000円
その他(国内):140,000円

 

ソフトウェア動作環境(推奨スペック)

 

OS  Windows 10以降(64bit)
CPU 2.6 GHz以上 
メモリ 8 GB以上

※推奨されるスペックのPCを弊社にてご用意させて頂くことも可能です。
 価格等の詳細は弊社までお問合せください。