血流解析シミュレーション(CFD)

方程式の先に、血流を診る。

 

サービス概要

 

「血流解析シミュレーション」は研究者の方を主な対象とした、受託形式の医療画像解析サービスです。造影CT・MRIなどのデータを郵送または弊社のクラウドへお送りいただければ、後日解析結果をレポートとしてお返しします。
※解析結果報告書(レポート)のPDF版sampleをこちらよりダウンロードできます。

information Information現在、弊社では①研究支援としての解析、②自費による解析の2つの形態で本サービスをご提供しております。今後、関係省庁から通知されるガイドライン変更等により、本サービスの位置づけ・ご提供形態が変更となる可能性もございます。

 

対象血管領域

 

  • 脳動脈(脳動脈瘤)
  • 冠動脈 ※LAD,LCX,など1枝のみの解析も承ります
  • 大動脈(胸部、腹部に対応) ※成人/小児によって価格が異なります
  • 人工透析シャント

 

血流解析シミュレーションの特徴

確かな解析技術

CFD(Computational Fluid Dynamics)技術を血管内の血液に適用することで、計測機器では測定できない細かな流れや圧力の変化を、カラーの3次元CGで表現することが可能です。弊社Adviserの板谷とその研究チームはこれまで最先端のIT技術を駆使し、豊富な臨床データをもとに、数々の研究成果を発信してきました。これらにより培われた解析技術(※特許出願中)により、循環器生理学に基づいた拍動を再現し、より生体に近い流れをコンピュータ上で再現することに成功しています。

流線、WSSを動画で

解析結果は、動画や静止画、グラフなどを含むレポート形式(PPT)でご返送しており、そのままの形でもディスカッションに用いることが可能です。解析項目は、流線、流量比率、圧分布、FFR、WSS、OSI、エネルギー損失、淀み領域など、ご要望に応じた様々なアウトプットをご用意いたします。

※解析対象部位によっては、ご提供できない解析項目もございます。
※定常解析の場合は流線、WSSは静止画となります。

信頼できる解析ソフトウェア

弊社では、自動車や航空機をはじめとする製造業界、建築業界、船舶、バイオなど様々な分野において汎用的に用いられている流体解析アプリケーションを用いて解析を行っております。実験結果との検証も繰り返された信頼あるソフトウェアを、習熟したエンジニアが適切に設定を施し、必要十分な解析精度を実現しています。

※論文執筆時、methodの記載内容について弊社までご確認談頂くことも可能ですので、お申し付けください。

 

仮想手術シミュレーションへの応用

 

コンピュータグラフィックの技術を活用し、同一の症例に対し仮想的なバイパス血管を加えることで、複数パターンの術式を比較することが可能です。これらの流体解析結果から、バイパス流量や血流動態を予測できる可能性があります。

ご提供価格

 
こちらのページを御覧ください。

information 小児の血流解析シミュレーションについて
弊社では、小児循環器医療分野の研究の社会的な意義を鑑み、通常の成人の価格より大幅にお値引きした価格でのご提供を行っております。また今後CHSS Japan(Congenital Heart Surgeons’ Society Japan)との共同プロジェクトを通してご依頼頂くことで、上記の価格よりさらにお値引きできる可能性がございます。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

baby